東京五輪とパンデミックの影響

東京五輪とパンデミックの影響

東京五輪とパンデミックの影響

2020/06/03

ジャストリンク パートナー事業部です。
新型コロナウイルスのパンデミックを受け、開催国・日本の安倍晋三首相らと国際オリンピック委員会は電話会談を行い、3月24日にTokyo 2020(東京五輪)の1年程度延期を発表しております。

予定道理であれば、東京五輪は2020年7月24日に開会式を実施する予定ではありましたが、直前になって1年間の延期を決定されました。
予定では2021年7月23日に開会式を実施することが承認されているようです。

【2021年 開催予定
・7月23日(金)オリンピック開会式
・8月8日(日)オリンピック閉会式
・8月24日(火)パラリンピック開会式
・9月5日(日)パラリンピック閉会式

開会こそ予定と同じ内容で決定しておりますが、各ステークホルダーとの調整がなされているのかはいまだ不透明なままになってる印象です。
出場選手に関しましても、「U23」などの年齢上限のある競技もある中で1年の延長は、関係企業のみならず選手にも影響が出るのではとの声が上がり、国際サッカー連盟(FIFA)は原則「23歳以下の選手」の上限を「24歳に引き上げる」と発表し対応しております。

各ステークホルダーにも何かしらの対処がなされていくかと思われますが、依然不安の残る状態であります。
アフターコロナでオリンピックを心待ちにしている方、企業様のパワーになるように無事開催されることを心より願っております。

弊社、弊社パートナー企業様でもコロナウイルスの影響を大きく受ける中細心の注意を払いつつ日々の事業運営を全力で行っております。
市場動向が見えず、厳しい状況ではありますがOA機器代理店様、パートナー企業様の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

ジャストリンクでは、企業様へOA機器代理店募集、バートナー募集を全国で行っております。
OA機器の販売やアップセル商材をお探しの企業様は弊社HPからお気軽にお問合せ下さい。
http://www.copyki-dairiten.com/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。